日本晴の加工品たち、ついにそのベールを脱ぐ!!

この冬は、子育てもあるし、家のリノベーションもしたいし、ちょっとゆっくりしてみよう。

そう思ったのは幻やったんかっ。

沢庵などの伝統的な保存食や、野菜を野菜で食べるドレッシングは作りたいなぁ、

と以前から妄想はしていたものの、

ついにこの冬、この企画を現実に移しました!!

やりたい、を実行するのはめっちゃ楽しい。

でも実際にやってみると、めちゃくちゃ大変の連続。

美味しく作るためのレシピ開発、

賞味期限や時間とともに変化する味のチェック、

瓶や袋の選定、

ラベルシールの選定、

ラベルデザインの開発、

など、数々のことを夫婦で話し合い、実験し、そして失敗しました笑。

例えば、ネギドレッシング。

我らが自慢のネギ、

調理する前の下ごしらえのはどんな方法がいいか、

レシピはどうするのか、使う調味料はどんなのがいいか、

瓶のサイズや形はどうするか、

ラベルのサイズや素材やデザインはどうするのか、

価格や販路はどうするのか、

ということを実験してきました。

そしていろいろ突き詰めてやったとしても、

ネギの量はもっと多い方がいいとか、

ラベルはもっと大きい方がいいとか、

そんな改善点がまたでて、やりなおしっ。

みたいな笑。

ほんとそれの繰り返し。

でも完成した時は、なんか我が子が増えたかのような充実感!

いやー、生み出す苦労というのは、やはり苦労はするけど楽しい♪

自慢の加工品たちが世の中で広がっていくことができたら、と妄想するのも楽しい♪

とりあえず完成したのは

切り干し大根

南伊豆たくあん

ネギドレッシング

人参ドレッシング

ジンジャーレモネード

そして写真にはないけど、

菜花ジェノベーゼと、べったら漬けは、もっか試行錯誤中。

本当はキムチも作ったけど、そこそこ美味しかったけど、

これはもう少し試行錯誤が必要そう。

原料の野菜を作ることから始め、

野菜の漬け込みやカット、

調味料との調合や瓶詰め、

それこそ最終的なシール張りまで、

すべて二人でやってます。

こんなにこんなに想いの詰まった加工品は、

なかなかおいしいで!

ご購入は、「info@nihonbarefarm.com」までご連絡くださいね。

フォローする