大阪からの応援団到着!!

この前の金土日月と、大阪の親が支援物資を乗せてやって来てくれました!

父は何回も手伝いに来てくれてるけど、

母はまだ働いてるから南伊豆に来たのは2回目。

実は長女(三女という噂もある)小晴と母が会うのは今回が始めて!!

父と母が自分の子供を抱っこしてる姿は、命のリレーそのもので、感慨深いものでした。

滞在中、父は車のメンテ、母は里芋の調整作業や家の掃除など、積極的にやってくれて大助かり!

日曜日は南伊豆最南端(つまり伊豆半島の最南端でもある)石廊崎に行き、海の壮大さ、知己急の偉大さについて勉強しました。

家族と会えるのって嬉しい。

年とればとるほど、この機会が物凄く貴重なものやと思うようになってきた。

父も母も田舎出身やから、もちろん田舎暮らしは経験済み。

息子のこの暮らしについては、

「よくまぁ、大学卒業して、東京でのサラリーマンをやめて、こんな生活やってるなぁ」

と度々いわれるけど、

そんな人生を否定せず、積極的に応援してくれる姿はほんとにありがたい。

何かに挑戦するとき、親に応援してもらえることほど大事なことってないんちゃうかな。

自分も、そんな親になりたいなぁ。

会うたびに、お互い年をとっていく寂しさもあるけど、その寂しさがまた自分を元気にしてくれる気がしました。

また来てな!

フォローする