GWは家族三昧なり

南伊豆に来て始めてのGWを終えました。

畑に子どもをいっぱい抱えた農家にとってGWは平日と変われへんねんけど、家族から遊びに行きたいという連絡があると、そっか、巷ではやっぱりGWなんやぁと思わせられます。

奈々も俺も都会育ちで、田舎と言う田舎がなく育ってきたから、家族が気軽にこれるような田舎を作りたいなぁと思って移住した側面もあります。

だから、家族が遊びに来てくれるんは嬉しいし、同じくと都会育ちの甥っ子や姪っ子に、こんな世界もあるんやで、野菜や虫や草や木はこんな風に生きてるんやでというのを、例え記憶に残らんくても良いから、実感として感じる機会にになればいいなと願ってたりもします。

今畑は忙しいピークのときで大変ではあったけど…笑、今回来てくれた家族に色々と案内できてよかったなぁ。

家族の存在は暖かいなぁ、血の繋がりって有難いなぁ。

そんな風に思える家族のもとに生まれた自分は幸せやぁって思う。

フォローする

コメント

  1. かんかけ ひろあき より:

    初めまして
    ウェブで見つけて拝見させて頂きました。

    • 欠掛隆太 より:

      かんかけ様、初めまして。
      コメントありがとうございます。
      かんかけ、という珍しい苗字の方に出会えて光栄です!
      漢字はもちろん…欠掛…だと思いますが、ルーツは僕と同じく長崎か佐賀でしょうか?

  2. かんかけ ひろあき より:

    遅くなりました。
    私の一族もご想像の通り祖父が佐賀の太良町の出自で20年位前に聞いた話ではそこに16件だったと思いますがあったそうです。
    私の一族の欠掛姓だけで福岡市近郊で6世帯16人と 東京に甥(兄の子)が存在(笑)しております。 あと祖父の血筋の方でやはり近所になりますが(具体的な付き合いはない)3世帯7人は存じております。
    これを機会にどうぞ宜しくお願いいたします。

    • 欠掛隆太 より:

      猛烈な農作業ピークのためご返信が遅くなりました。
      詳細ありがとうございます。福岡にかんかけ性が多いと伺ったことはあったのですが、まさかこうして知り会うことができるとは。この喜びは珍しい苗字の特権ですね。
      しかもやはり佐賀の太良町。20年前にそこに16件もあったなんて信じられないです。
      私自身は大阪の出自なので、故郷太良町は昔一度訪れたことがある程度ですが、それでもそこのお墓を見て感慨深い思いになりました。http://bhagavad.meter.jp/blog/2013/10/15/23

      私の父も太良町の出自ですが、当時のことはあまり詳しく話してくれず。祖母にもかんかけルーツなんか知らんと言われ笑、それ以来探索するのを諦めていました。
      父の弟と妹は長崎に、それと付き合いは少ないですが、鹿児島にも弟が住んでいると伺っています。私が今ぱっと思いつく限りは、大阪に2世帯(両親と兄家族)、長崎に1世帯、鹿児島に1世帯、それと静岡に1世帯(私)ぐらいです。

      それにしても私が東京に住んでいた際、その甥っ子さんにお会いしたかったぁ!!
      同じかんかけという苗字の方と偶然出会ったとき、どんなに感動することやろうと、一人でずっと盛り上がっていました。(未だそんな偶然な出会いはないです。)

      こちらこそ、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。